子供を塾に通わせようと思った時、マンツーマンが良いのか、それともグループ制が良いのか、悩む親御さんは少なくありません。ここでは、子供にとってどのようなスタイルで学ばせるのが良いか、多角的に紹介します。

マンツーマン指導

子供の学力を伸ばすために塾に通わせる親は多いですが、その際、マンツーマン方式の塾を選ぶことがあります。マンツーマン方式のメリットとデメリット、そしてかかる費用について取り上げます。塾選びの参考にして下さい。

View more

マンツーマン指導の魅力

マンツーマン指導の最大のメリットは生徒一人一人の学力や興味などを総合して最適な指導内容を作り上げてもらえることです。塾によってはカリキュラムが決まっていることがありますが、実際に指導をする上ではそ…

マンツーマン指導で押さえるポイント

学習塾におけるマンツーマン指導で押さえるべきポイントは無理せずに学習を進めていくという点です。マンツーマン指導はその名の通り先生と生徒が1対1で指導していくもので、生徒の学習能力に従って授業が進め…

>

受験を考えたら、学習塾です!

グループ制指導

グループ制指導の良いところ

グループ制指導の悪いところ

グループ制指導でかかる費用

マンツーマン指導の費用

マンツーマン指導型塾の特徴

大学受験などの受験対策から個人的に成績を伸ばしたいといった、学力向上のために通う塾のニーズが高まっています。とりわけ増えている形態の塾が、少人数制の個別指導型と言われるタイプです。その中でも急増しているタイプとして、生徒1人に対して講師1人が付き添って指導する、マンツーマン指導型があります。生徒の学力に応じた細かい指導を受けられることが最大のメリットであることから、少人数制の集団指導型が合わない生徒に最適な指導法となります。 このため、自力では苦手科目が克服できない、少人数制の集団指導型では対応できない難関校対策をしたいといった、様々なニーズに応えられる指導型と言えます。それゆえ、授業料自体も高めに設定されていることが一般的です。

マンツーマン型指導対応の塾は高く授業料が設定されている

少人数制の個別指導の場合、ある程度の学力に達している生徒が集まっていることもあり、授業に使うテキスト代金や季節ごとに行う講習費用などが授業料に上乗せされています。そのため、中学生であれば月謝は約2.5万円から6万円となります。対して、マンツーマン型指導の場合、生徒一人あたりの学力に大きな差があるため、生徒個人にあった授業テキストを用意する必要性が生じます。加えて、成績向上のために通うのか、あるいは難関校を受けるのかによってもその費用が変動していきます。よって、少人数制の個別指導と比較して、約1.5から2倍の月謝がかかります。 また、マンツーマン型指導に対応しているところは、比較的大きい規模の塾に限られます。少人数制での個別指導では成績が伸びないなど、明確な理由がある場合に限り、マンツーマン指導型の方が金銭的なメリットは大きくなります。