グループ制指導の良いところ

グループ制指導のメリット

塾の授業は大きく分けて、個別指導とグループ制指導の二つに分けられます。どちらにもメリットデメリットがあるため、子供に合った勉強の仕方を選ぶことが大切です。グループ制指導は、集団で授業を受けるスタイルになります。グループ制指導のメリットとしては、授業をする講師がプロだということが挙げられます。個別指導の場合アルバイトの大学生が講師をしていることが多いですが、プロの講師はきちんと採用試験を突破していて実力があります。また、集団で他の塾生同士で切磋琢磨できるのもメリットです。1人で集中して勉強できないという子供は、特に塾生同士で勉強をする姿を見てモチベーションを上げることができ、同じような学力レベルだからこそ相談などもしやすくなります。

カリキュラムと料金面

グループ制指導のカリキュラムが信頼できるというのもメリットです。グループ制指導の場合プロの講師が集まって、受験の動向を踏まえた上でカリキュラムや教材が決められています。また、志望別コースがある塾であれば、目指す志望校が明確なため、その志望校に向けて効率よくカリキュラムが組まれているというのも嬉しい点です。個別指導に比べて料金が比較的リーズナブルというのも、グループ制指導のメリットになります。講師1人に対して、集団で勉強するという形になっているため個別指導に比べて比較的料金が安く設定されています。ただし、授業スピードが早くやる気がなければ授業についていけなくなる、集団で勉強することで緊張感がなくなるというデメリットもあるため注意が必要です。

高校生の塾を選ぶ時は志望校を決めてカリキュラムの内容を比較し、覚えやすいやり方を知ると成績を伸ばせます。